【世直し】まだスクールカーストで消耗させてるの?

【世直し】まだスクールカーストで消耗させてるの?

イケハヤ氏のブログタイトルをパクってみました。

本人から苦情が来たら変えます。このブログが目に付いたとしたら凄いことだ。

 

さて、本題。

 

皆様は、スクールカーストがなぜ発生するか踏み込んで考えたことがありますか?

私は昔からスーパーフラットでスクールカーストという概念を持たない子供でした。

しかし、学業成績は優秀で(自分で言います)、基本はおとなしいのでカーストの下に見たがるやつが時々現れたりしました。

ムカつくから普通に喧嘩しましたが、一方で「なぜわざわざカーストを作りたがるのだろう」と不思議に感じていました。

コスパ脳なので、わざわざカーストを作るというコスト意識の低い行動が理解できなかったのです。

 

そして、大人になり、なんとなく理由が見えてきました。

 

大人が子供に(知らず知らず)カーストを仕込んでいるのだ、ということに。

 

ぶっちゃけ言うと、日本社会はいらないマウントに溢れています。

例えば、家庭内の優位性。両親のどちらかが強いケース。

また、現代ではテレビ番組もカースト思考を植え付けるのに役割を果たしていると思われます。

ドラマの中の人間関係だったり、バラエティでの芸人の人間関係だったり。

子供は吸収力が高いので、そういった外部情報を知らず知らず吸収し、カーストというものが社会の基盤に存在することを学んでしまうんだと思います。

 

上記の仮説を立てると、私がカースト社会に最初にから違和感を持っていた理由も説明がつきます。

1つ、母子家庭で家庭内に優劣関係が一切なかった。

2つ、物心ついた頃は相撲や野球ばかり観ていた。つまり、ジャパンスタイルの生々しい人間関係に触れなかった。

 

さて、これは当たり前の話ですが、スクールカーストはいじめの素になります。

子供は視野が狭いので、カースト上位の子は神様化して何でも許される、下位の子は逆に奴隷化して何しても許されない、といったある種の悪徳宗教的な世界があっさりと完成してしまいます。

 

なので、スクールカーストは無い方が絶対良いわけです。

 

子供をスクールカーストで消耗させないためには、まず大人がフラットな人間関係を見せるよう心がけることが大事です。

亭主関白とかかかあ天下などといったものは、教育上あんまりよろしくないかと思われます。

わざわざマウントを取るのも、子供の前ではやめましょう。いや、子供の前じゃなくてもやめた方がいい。マウンティングが何を生むというのだ。

 

(テレビについてはどうしようもないので触れません。)

 

日本にもっと健全な人間関係を。

お読みいただきありがとうございました。