【趣味】水中で泡写真の撮影を極めたい、という非常にニッチな目標。

【趣味】水中で泡写真の撮影を極めたい、という非常にニッチな目標。

水中撮影。

アドバンスとかのダイバーさん(グレードよくわかりませんが)は、よく深い所まで潜って深海生物(という程の深さではないのかな)とか、沈没船などの写真を撮っているようです。

一方私は、機材を背負ってスキューバダイビングするよりもシュノーケルセットで素潜りする方が好きなので、深さは限られます。(頑張って7~8mくらい)

しかし、そのレベルの深さでも十分楽しい水中撮影は可能です。

 

私がハマっている水中撮影の1つが、泡撮影です。

泡と言えばバブルリングがメジャーです。私も時々挑戦してます。

 

大体壊れるんですが、奇跡的に上手く作れた1枚。上手く撮れたかは置いといて。

 

これはまた奇跡的にハート型に撮れました。ロマンチックのかけらもない人間に訪れた小さなロマン。

 

さて、本題。

私が現在ハマっている水中撮影は、バブルリングのような1つの泡ではなく、多数の細かい泡を用いて芸術的に撮影することなのです。

 

インスタの加工等を利用すれば、面白いように素敵な写真ができます。例えば、こちら。

 

まるで銀河系のように撮れていませんか?

お気に入りの1枚です。

 

こちらはまるで水彩画のよう。

 

このように、水中で泡を撮影すると様々な芸術的1枚が撮れます。

しかも狙って撮れる訳じゃないところがまた奥深い。1枚1枚が再現不可能。

 

基本的な撮り方は以下の通りです。

1、シュノーケルマスクではなくゴーグルをつけた状態で(鼻をフリーにして)、そこそこの深さまで潜る。

2、水中で一回転して鼻から息を吐く。この時泡がたくさん出る。

3、すかさず撮影する。

 

という手順です。

 

やってみればわかると思いますが、なかなか難しいです。シャッター押すタイミングわからないし、そもそも回転したら鼻に水が入って痛いし。

慣れるまで足の着く深さでやることをオススメします。鼻から水が入って焦ると大変なので。

 

そもそもこんなニッチな撮影、やる人が他にいるのかはわかりませんが・・・・・(いたとしたら相当気が合いますね!是非一緒に海行きましょう。)

 

【ギャラリー】

まるでソーダ水。

 

 

うっすらとハートが見える。

 

少なめの泡と太陽の調和がきれい。

 

水面付近で撮るのもまた面白い。

 

まだまだ、水中泡撮影の可能性を求め続けます。